Cattery LICCAはアビシニアン猫の紹介ページです。

電話でのお問い合わせはTel.042-719-5524
Since 1995 Cattery LICCA * Breeder Rika Inatomi

※このサイトに掲載されている記事・写真等すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。 なにかありましたらご一報ください。
推奨環境 -- Win / IE6.0以上 / 1024*768↑ / FLASH / JavaScript / CSS

アグーティとは縞柄の遺伝子の総称です。

アビシニアンの最大の特徴は、毛色にあります。アビシニアンは縞模様の猫だという事に
お気付きでしょうか?通常の縞模様の猫の毛は、1本の毛が同じ色(ソリッド)か、根元が
薄い色(スモーク・シェーデッド・ティップド)の毛が集合して隣り合わせた別色の毛と合
わさって模様になります。


アビシニアンの被毛は、ガードコート(外毛)とアンダーコート(内毛)に分かれたダブルコ
ートと呼びます。ガードコートの毛、1本1本が、バンド状(輪の状態)に縞を持つ特徴が
あり、その模様をティックド・タビーと呼びます。健康な毛はきらきらと輝き、独特な印
象を与えます。

アグーティータビ−の特徴として額のM字マーク、目元、口元、鼻先の周りなどに毛色と
同じ濃い色が現れます。フェイシャル・マーキングと呼ばれる頬骨上にある独特の模様は、
通称クレオパトラ・ラインとも呼ばれ、アビシニアンの魅力を高め、アビシニアンにエジ
プトのイメージを浮かばせる所以でしょう。マーキングはアグーティー・タビー猫の顔の
印象を非常に特徴付けます。黒の因子を持つ毛色と、持たない毛色とで、顔の印象が違う
理由はここにあります。

上の写真を見ると分かりやすいのですが、正しい毛色を持つアビシニアンのアンダーコー
トの色は、本来殆ど変わらないのです。

しかしながら、しなやかなボディと強靭なばねを持つ快活な猫であることは毛色には関係
しません。