CFAはアメリカで7地区、日本、ヨーロッパの9地区とその他をインターナショナルディビジョンに区分し、
毎年5月1日〜翌年4月30日を1シーズンとしたキャットショーを開催しています。
1992年、第8地区(8Region)としてスタートしたジャパンリジョンでは 現在年間40回前後におよぶキャ
ットショーを日本各地で開催しています。

『猫種の向上』を第一目的としたキャットショーの開催、参加により『スタンタード−審査基準−』に基づ
いた品種の評価を受けます。『スタンタード』とは『ブリードカウンシル−猫種の評議会−』によって各々
の猫鍾の特徴、その理想とする最大公約数の形状を表記したものです。

『スタンタード』に表現されるのは外観ですが、内面的に重要な『骨格の構成』『筋肉の発達』『性格』等
は、審査員の掌の感触で評価されます。『健康状態=コンディション』『手入れ=グルーミング』『性格=
性質』等は、審査員の評価に大きな影響を与えます。

キャットショーでの評価に基づいて、優れた血統猫を後世に引継ぐ事を目標とした猫の繁殖をブリーダーた
ちは目指しています。
また、ショーに参加し自分以外のグルーミングを見る事は、自分自身の知識を広げる事にもなります。
ショー会場は愛猫家の情報交換の場所でもあり、仔猫の販売情報も得られます。殆どのショー会場が誰でも
見学が出来、フードメーカーのお土産なども配られます。


ショースケジュールと連絡先は以下のCFAジャパンリジョンサイトを参照ください。
http://cfajapan.org/3_catshow_showsche.html

キャットショーの仕組み

CFAでは大きく長毛種から成り立った『ロングヘアーキャット=LH』と短毛種から成り立った『ショート
ヘアーキャット=SH』に分けて全42種類の猫を血統登録猫とし、毛色、毛の長さで55のグループに分割
して審査の対象としています。

リングの審査タイプ

審査タイプは月齢、去勢不妊手術を受けた猫、CFA登録番号を持たない猫のクラス別にファイナル (表彰
猫) を選出する際の選出基準によって分けられます。

AB (オールブリードリング)
長・短毛種のすべての猫の中から1〜10席の猫と1〜10席がグランドチャンピオン猫のみの場合チャンピ
オン6頭、プレミア4頭までを選出します。

LH (ロングヘアースペシャリティーリング)
長毛種のすべての猫の中から1〜10席の猫と1〜10席がグランドチャンピオン猫のみの場合チャンピオン
3頭、プレミア2頭までを選出します。

SH (ショートヘアースペシャリティーリング)
短毛種のすべての猫の中から1〜10席の猫と1〜10席がグランドチャンピオン猫のみの場合チャンピオン
3頭、プレミア2頭までを選出します。

SP (ロング&ショートヘアースペシャリティーリング)
すべての猫の中から長毛種、短毛種別々に1〜10席の猫と1〜10席がグランドチャンピオン猫のみの場合
チャンピオン3頭、プレミア2頭までを選出します。

審査の手順

審査ケージにエントリーナンバーカードを提示された猫は、以下の1〜3の審査を受け、そのリングの審査
を終了とします。その後に行われる『ファイナル』に再度呼ばれた猫が、 その審査リングでの勝者となり、
ロゼットやプレゼントを与えられます。

◇ステイタス別審査
猫種(ブリード)または審査クラス(ディビジョン)別、毛色別(カラークラス)、 性別、更に、ステイタス別
に審査を受けます。カタログに表記されたOPN(オープン)とCFA登録仮番号で審査されるNOV(ノービス)
の猫はCH/PRと同じステイタスで審査されます。ステイタス別にオスの1〜3席メスの1〜3席が選ばれ、
それぞれ1席=青、2席=赤、3席=黄のリボンが与えられます。

◇カラー別審査
ステイタス別審査で1〜3席に選ばれた猫の中から、性別、ステイタスを分けず、同じカラークラスの中か
ら1席=黒、2席=白のリボンが与えられます。

◇ブリード別審査
カラー別審査で1〜2席に選ばれた猫の中からその猫種の1席=茶(ベストブリード)2席=橙(セカンドベス
トブリード)、そして性別、1次2次審査の結果を参照にチャンピオンクラスでの1席=紫(ベストチャンピ
オン)のリボンが与えられ、そのリングの審査が終了します。ベテランクラスの健全な猫には銀(メリットア
ワード)が与えられます。HHP(ハウスホールドペット)クラスの健全な猫には赤白(メリットアワード)が与
えられます。

◇ファイナル表彰
審査リング別にジャッジが審査をした全ての猫から、リングの審査タイプ別に1〜10席までの猫を選出し、
ロゼットと呼ばれる席順の書かれた飾りリボン等が与えられます。そして、チャンピオンクラスの上位1〜
3席の猫にのみベストチャンピオンが与えられます。

キャットショー会場で見聞きする用語

リング→1人の審査員がその日審査を担当する場所 (自然光の照明設備が必須)
ジャッジ→CFA公認の資格を有する審査員
リングクラーク→審査の結果を記述し、審査の進行を手助けする
スチュワード→猫が審査ケージに入れられる前に審査ケージを消毒をする
マスタークラーク→各リングの審査結果を集計し記述 (CFAセントラルオフィスへの提出書類を作成する)
ケージ→猫を入れる『檻』
審査ケージ→各審査リングに設けられたケージ (リングで出陳番号提示され、同じ番号の猫を入れ順次審
     査される)
控えケージ→ショー会場で審査で呼ばれるまでの間猫を待機させる場所
出陳(エントリー)→猫の所有者によって、ショーの参加申込みをする事
エントリー・フィー→出陳料・キャットショーの参加費用で、参加できなくてもカタログに載った猫は出
      陳料を支払う義務がある
エントリー・クラーク→エントリー受付の窓口を担当者
カタログ→キャットショー当日に、参加する全ての猫の情報が載っている (冊子、出陳目録)
エントリー・ナンバー→出陳番号、当日参加する全ての猫に1から番号が付けられ、ショーの進行に用い
      られる

カタログにある用語

Breed(ブリード)→登録された猫の種類
Division(ディビジョン)→ペルシャ猫などの登録数の多い猫種を毛色別に分けて登録された猫の審査クラス
Registration#(CFA#)→CFAセントラルオフィスで登録管理する猫の番号
Name(ネーム)→CFAへ登録された猫の本名
Br(ブリーダー)→猫の繁殖者
Ow(オーナー)→猫の所有者
Ag(エイジェント)→猫の所有者ではない代理出陳者

☆チャンピオンシップクラスのステイタス☆
NOV(ノービス)→生後8ヶ月齢以上の猫で他団体に血統登録され、CFAに登録されていない猫で
      規定の手続きを取るとCHに昇格
OPN(オープン)→生後8ヶ月齢以上の猫でCHのステイタスを保有しない猫で、規定の手続きを取るとCHに
      昇格
CH(チャンピオン)→6リング以上のリングで失格事項がないとされた、GRCに昇格資格がある猫
GRC(グランド・チャンピオン)→200頭のCH猫に勝つと自動的に昇格

☆プレミアシップクラスのステイタス☆
NOV(ノービス)→生後8ヶ月齢以上の去勢不妊手術を受けた猫で他団体に血統登録され、CFAに登録されて
      いない猫で、
       規定の手続きを取るとPRに昇格
OPN(オープン)→生後8ヶ月齢以上の去勢不妊手術を受けた猫でPRのステイタスを保有しない猫で、規定
      の手続きを取るとPRに昇格
PR(プレミア)→6リング以上のリングで失格事項がないとされた猫で、GRPに昇格資格がある猫
GPR(グランド・プレミア)→75頭のPR猫勝つと自動的に昇格

猫種の審査結果

Best Breed→その猫種の1席を獲得した猫
2nd Best Breed→その猫種の2席を獲得した猫
Best Division→その猫種の審査クラスの1席を獲得した猫
2nd Best Division→その猫種の審査クラスの2席を獲得した猫
Best Champion→その猫種のCHのステイタスを持つ1席目の猫
Best Premier→その猫種のPRのステイタスを持つ1席目の猫